<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

『「手紙屋」~僕の就職活動を変えた十通の手紙~』

 こんにちは。
 昨日聞いてきた、田坂広志氏の講演は、
まるで冷たい水を掛けられて心を清められたような感じでした!
これまでにないような深い感銘を受けました。

・・・と同時に、帰り際には不安が訪れました。

深い感動を受けたものの、あまりにレベルが高くて私にはすぐに
消化できる自信がなかったのです。

何もせずに止まったまま、この感動が薄れていってしまうのではないか?
世界が変わったように見えた、
その前に戻ってしまうのでは・・・という危機感に襲われたのです。

今までにも、同じように気持ちを鼓舞されながら、何もしないうちに
忘れてしまう、といったことが何度かありました。
でも今回は感動が大きかっただけに、絶対に忘れてはならないと思いました。

いったい、どうしたらいいのか・・・?

 その答えを、この本が教えてくれました。
『「手紙屋」 ~僕の就職活動を変えた十通の手紙~』です。
この本は、父が知人に借りていて、就職活動中の私に丁度いいからと、
話をしたときに、たまたま紹介してくれました。

 働くことを真剣に考えたかった私には、まさに打ってつけの本で、
新鮮な気持ちで読んでいました。
 その中でも、今の私の気持ちにぴったりの助言がありました。
自分を成長させてくれるような感動が徐々に薄れていくのは、
一度掃除をしてきれいになった部屋が、一日たつと、必ず埃をかぶってしまうのと同じ
こと、というたとえです。

 掃除したばかりの私の部屋をずっときれいにし続けるには、どうしたら良いのか・・・?

 1つの方法は、「掃除を習慣化する」ことです
 自分を磨き続ける = 自分を変えてくれる本を読み、自分の意見を書き綴っていくこと
これは、ぜひ実践しようと決めました。そのために、ブログにこの”「本」との対話”という欄を作りました。たとえ公開するにしても、非公開にするにしても、「読む人がいる」と仮定して書くのは大事だと考えたので、人に話すような口調にしました。
ふと、昨日聞いたリコーの小島さんの言葉、「学び続けるという行動パターン」も同じことなんだ、と思いました。

 もうひとつの方法は、「常に動き続ける」ことです
 実際に夢や目標に向かって行動すること。
確かに、一度作業を休んでしまうと、また始めようとするのには大きな力が必要となります。
楽器の練習も、研究のサンプル処理もそうでした。

『転がる石に苔はつかない』  ・・・動き続けているものに埃がかぶることはない。

『止まっている人は、止まり続けようとする。
 動いている人は、動き続けようとする』 

心に留めておきます。

 そして、この2つのための参考になることを、いつも車や机をきれいにしている研究室の先輩、Tさんの言葉から得ました。
「(掃除のための)道具を、すぐに手の届くところに置いておく」ということです。
思い立ったら、すぐにサッと磨くことが出来る。だからこそ、Tさんは掃除が習慣化しているのではないでしょうか。これは、読みたい本をいつでも用意しておく、考えたことをいつでも書けるようにしておく、いつでも行動をとれるようにしておく、とも言い換えることが出来ます。

そしてこの本の最後にあった言葉も覚えておこうと思います。
 成功の理由 / 情熱
 失敗の理由 / 才能に頼ること


 この本は、ずいぶんと私に勇気を与えてくれました。
自分の未来を信じる・・・
自分を磨き続ける方法が分かったので、
まずは頑張って実践していこうと思います。
どうか、自分が大きく成長できますように!!
[PR]
by comodolife | 2007-11-14 23:46 | 「本」との対話

蒸し野菜の胡麻味噌ソース  陰陽の調和

b0118086_2123917.jpg 夜中に、何か食べたくて、甘いものが食べたくて、しょうがなかった。
それで、甘味のある野菜を蒸しました。
 マクロビオティックでは、食べ物にも陰陽があると考えてそのバランスを取るのですが、ときに、極端に甘いもの(=陰性)を食べたくなるのは、自分の身体が陽性に偏っているから、と考えるそうです。

私は甘いものが食べたかった。砂糖を舐めたいほど!(本当は嫌だけど。)
それで、「よし、身体が陽性に傾いているんだろうから、陰性のものを食べよう」、と久しぶりに青汁を飲みました。 それで・・・美味しかったです。なんだかすっきり。
 私は陰性ぎみの体質でしたが、最近陰陽を意識し始めるようになって、あるいは梅醤番茶を飲むようになってからか、少し変化しているような気がします。身体が冷えやすくて顔色が悪かったり(陰性)、身体に力がみなぎり冷たいものを食べたくなったり(陽性)。なるべく自分の知っている限りで陰陽を調和させるものを食べるようにしているのですが、やっぱり、まだ難しいです。
[PR]
by comodolife | 2007-11-08 23:11 | meals

マクロビオティックのレストラン 東京 (追記あり)

チャヤマクロビ 日比谷店 (カフェ&デリ)
Information
■住所:    東京都千代田区有楽町1-2-2
          東宝日比谷ビル(日比谷シャンテ)B2 (地図
■電話:    03-3500-5514
■営業時間: 11:00~22:00 (L.O 21:00)  
■最寄り駅:  有楽町駅・日比谷駅・銀座駅
わがまま感想
セット(プレートメニュー)1,200円~が色々食べられてお得。
玄米プレートは、一皿に玄米とおかずがちょこちょこときれいに乗っていた(+スープが付く)。
見た目、少ないかな~と感じたけど、結構お腹にたまった。女性にちょうど良い位かな。
デパートの地下レストラン街にある。カフェの様な気軽な雰囲気。
味☆☆☆ 価格☆☆☆ 雰囲気☆☆ サービス☆☆☆

More
[PR]
by comodolife | 2007-11-07 23:48 | マクロビお店情報

玄米五目ご飯 マクロビオティック

b0118086_031035.jpg

最近、色んなものを混ぜたご飯を炊いているけど、
野菜炊き込みご飯は久しぶりです・・・♪
これも、「久司道夫のマクロビオティック 美しくなるレシピ」に載っています。
材料は、
 玄米、昆布、切干大根、干し椎茸、人参、蓮根、自然塩です。
 最後に、葱と炒り胡麻を飾ります。
今回は全て、無農薬あるいは自然食品店で購入した原料で作れたのが嬉しい!
味付けはシンプルで美味しかったです♪
[PR]
by comodolife | 2007-11-06 22:30 | meals

黒豆昆布 手当て

b0118086_3302160.jpg

こんな感じでよいのかしら?黒豆昆布を初めて作りました。

【黒豆昆布】
強アルカリ性食品であり、常食すると、酸化した血液を浄化し、婦人科系の諸症状を緩和する効果があるそうです。

<材料>
・黒豆 1カップ      ・昆布 5×20cm
・醤油 大さじ1/2+1  ・自然塩 小さじ1/2 
・水 4カップ
<作り方>
よく洗った黒豆を圧力鍋に入れ、分量の水、塩、醤油大さじ1/2、2cm角に切った昆布を加えて火にかける。沸騰したら2分そのままで、その後弱火にして15分、火を止めて自然冷却。圧が抜けたらふたを取り、豆が十分柔らかくなるまで煮て、残りの醤油大さじ1を加えて煮切る。

写真の通りたくさん作れます。毎食少しづつ食べると良いそうです。
しょっぱいので、おつまみや御飯のお供にも良いでしょうね。
食べた次の日から、冷え、生理痛が軽くなった気がします。
[PR]
by comodolife | 2007-11-06 22:29 | 手当て